FC2ブログ

ダブルシュー

お澄まし顔で こんにちは
どうですか~ 若いでしょ~


ロクがお世話になっていたサロンから
嬉しいお届け物がありました
フォトエッチングにより画像をタイル面に加工した
「タイルフォトフレーム」です 素敵です~

ロクさん 若い!






ロクの犬生 東京にいた4年間を除いて
ずーっと同じトリマーさんのお世話になっていました
お店を変えられてもストーカーのように
着いて回っていましたよ

いつもオーダーは 耳は高めの耳あて風で
手足はアメリカンドッグみたく シッポはボンボン
尻尾の付け根と手足の先はバリカンで でした

なのでフォトフレームのロクは
長く続いたスタイルより以前の物だと思います
思わぬ形で若かりし頃のロクに会うことができましたよ

200526-02.jpg
2014年5月21日 札幌




そんなロクの食べ物の話しを
前回に引き続き 今回も・・・

犬っこにあげても良さげで
ロクが好物だったのは
リンゴ カボチャ サツマイモ(特に焼き芋) ササミ

食ムラがあるときや投薬は
これらにお世話になっていました

その他には こっそりとアイスや餡子 等
甘い物もオヤツでチョッピリあげたりしていました

200526-03.jpg
2019年12月23日 札幌




食いしん坊が14歳のとき急に食べなくなり
いろんな不調が発覚しました

「まずは食べれるようになって 体力をつけないと」
ということで 何を食べさせようか・・・?


犬っこは甘い物を好む傾向があるらしく
先生から「カスタードクリームやカステラとか・・・」
「材料もダメな物はないし あげ過ぎはダメだけど
今は食べて元気になってもらうことを優先しましょう」と聞き
※この時のロクの状態を考慮してのこともあります

食べ物一切断固拒否のロクも それなら食べそうだ!と

以下 先生がニッコニコの笑顔でされた
私のお気に入りの話しです (A:は私の心の声です)

200526-04.jpg
2019年9月17日 札幌





先:ダブルシューを用意して・・・
A :(ふんふん とり急ぎセブンのダブルシューを買って帰ろう)
200526-05.jpg




先:パカッとふたつに割って カスタードはロクちゃんに
   残り半分のホイップはお父さんが食べて下さい

A :(ん?お父さんがかい?
   お父さんはホイップ食べないな~ 私が食べよう)

先:ロクちゃんと仲良く半分こで食べて下さい
200526-06.jpg




・・・
車に乗り込みダンナと同時に出た言葉
「ホイップはお父さんじゃないとダメかな?」
「そもそも カスタードシューじゃダメなのかな??」

フフフ きっと先生が自分のお家の犬っこと
そうされているんでしょうね

医学的なことばかりではなく 「モフッ子と暮らす」大事なことを
度々感じさせて下さる先生でした

200526-07.jpg
2020年1月31日 札幌




14:23 | 食べ物のこと | comments (20) | trackbacks (0) | edit | page top↑

結果発表~!と ご飯のこと

フンフンフン こんにちは
お鼻でチェックはお仕事ですよ


人間用ベッドに上がったり下りたりしていたロク
足腰の負担を思い10歳になる頃にスロープを用意しました
すぐに楽だと気が付いたようで 上手に使い続けてくれました





さて 「もらって下さい企画」ですが
参加して下さった皆様 ありがとうございました

ダブりがあったものは1点のみだったので・・・

「全員当たり!!」にすることにしました フフフ
ドキドキ感がなくて ごめんなさい
発送は来週になりますので よろしくお願いいたします

■ヒルズのスプリクション・ダイエット(療法食)
  ケイディーチキン入りドライ 1Kg(犬用)

は引き続きもう少し募集させていただきます

お家の犬っこでも お知り合いの犬っこでも
気になる方や必要とされている方がいましたら
声をかけていただけたらな~ と思います

200518-01.jpg




ご飯の話しついでに・・・
ロクはもともと 14歳で慢性腎不全とわかってから
こちらの
犬用キドニーケアを食べていました

最終的には食ムラが出始め
ササミやキャベツや缶詰をトッピングしながら
なんとか なんとか・・・
200522-06.jpg




その頃からいろんなサンプルを試して
食い付きが良かったものを購入したり
ネットで口コミを見ては 取り寄せてみたり で

結局1口食べたか食べなかったのが こちら。。。
捨ててしまったのも入れれば もっとあります。。。

200522-07.jpg




そんな中でも流動食になる前まで
気が向けば比較的食べてくれたのが

ビルジャック シニア

こちらは療法食ではないのですが病院で見た情報では
高齢犬用とあって心臓や腎臓にも配慮されているようです

200522-04.jpg




中身はこんな感じ

私の印象ですが
ビックリするくらいフード特有の匂いがしません
手にとってもベタベタせずサラサラです
そしてモロイです
歯の悪い子でも食べやすいかも。。。

もしかしたらロクも この軽い感じが
胃に負担がかからず食べやすかったのかな~
なんて思ったりしています

200522-05.jpg




カリカリは全く食べなくなってからは
缶詰だったり手作り食だったり

それも食べなくなってから
(上手に食べれない 飲み込めれない)
ミルサーを使ってトロントロンにしていました

200522-03.jpg




だんだんとミルサーで作ったものも
嫌がるようになってからは
比較的飲んでくれたリキッドが頼みの綱でした

「カリカリフードを食べなくなった」 から
「リキッドが頼みの綱」になるまで とっても早かったです
「様子を見るか」なんて余裕はありませんでした

ミルサーも「今 今すぐ手元にほしいの」と
言い出した1時間後には手元にあったり・・・

食べなくなってから 私が「あって良かった」と思ったものは
リキッド シリンジ ミルサーです

シリンジにお世話になる子は多いのではないかな~
と思うのですが 嫌がる子もいるようなので
早いうちから美味しいもので慣れてもらうのもいいかな と思います

200522-02.jpg





11:17 | 食べ物のこと | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑