FC2ブログ

慢性腎不全 ロクの場合②(貧血のこと)

残暑のなかから こんにちは
全国のモフッ子仲間は元気ですか?



毎日ニュースや皆様のブログで
信じられない気温を目にし いろいろ心配になります
どうぞ水分をしっかり摂って熱中症に気をつけて下さいね





さて ロクの慢性腎不全からの貧血のことですが
ロクの場合は のお話しになってしまうので
必ずしもみんなに当てはまらい内容もあるかと・・・

何かの参考やきっかけになったらな と思います
200800-01.jpg




14歳でイロイロ不調が見つかったロクですが
血液検査の結果 貧血を起こしているだろう数値も出ました

貧血の原因もいろいろありますが
腎機能(BUN)の異常値もあったので
おそらくそこからの貧血だろう と

腎不全による貧血となると 一般的な
赤血球を作るために必要な「エリスロポエチン」という
ホルモンの産生が減少しているだろうと考えられるため

エリスロポエチンの変わりとなる(だったはず・・・)
造血剤のダルベポエチンを打っていました

こちら貧血の度合にもよるのかな?
1回だけで終わる注射ではないと思うのですが
ロクの場合は週1回×3週で3回打っていました
ちなみにお値段は 1回7000円です
※ロクは保険に入っていませんでした
200800-02.jpg




3回目が終わる頃には血液の検査結果も
異常値ではあるものの 回復も見られ
その結果 血液を作ろうとするホルモンの減少はあるが
血液を作る場所の骨髄はまだ頑張っている
ということもわかりました

残念ながらこちらの効果は永久的ではなく
徐々にまた貧血が出てくるので
定期的に打っていかなければいけません

ロクは最初の頃は 3週目の注射から3~4ヶ月後頃に
貧血の様子が見られていたので
また週1回×3週 を繰り返し

最終的にはそのサイクルも早くなったり
合間に1回打っておいたりと
イレギュラーな注射も多くなり

トータルで何セット打ったんだろう・・・
5、6セット?+数回?
明細を見るとわかるのですが
金額がアレで見たくなくて。。。 アハハ。。。
200800-03.jpg




ロクの貧血のおおまかな目安は・・・

・小さくプルプルと震えるときがある
・なんとなくフラつく
・散歩中 他の犬っこにワンコラ言わなくなる

でした

ちなみに ですが・・・
ダルそうな感じがあったのに
1回目の注射後の帰宅時は異常に元気がよく
(打った直後に改善はされません)

活力剤的な何か ニンニク注射的な何かが
混ざっているでは・・・??と
受診時に先生に聞いてみたところ

「混ざってません」と目を大きくして言われました アハハ・・・
200800-06.jpg




ロクさん あの元気はなんだったんだろうね~??

フフフ 内緒ですよ!
200800-05.jpg
09:00 | 腎臓・貧血のこと | comments (15) | trackbacks (0) | edit | page top↑

慢性腎不全 ロクの場合①(私がしたこと)

肉球ペロリで こんにちは
これをやると よく恐い顔で見られていましたよ


ロクがよくしていた行動のひとつの肉球ペロリ
スイッチが入ると足ごとお口の中に入れて
ガジガジかじっていたなあ。。。

そんなロクの「境目だった14歳」以降のお話しを
思いついたものから少しずつ・・・
慢性腎不全 ロクの場合に私がしたこと です
※文字多いです

2018年5月15日 札幌



腎不全と言えば 多飲多尿が思いつきやすいですが
もともとそんなにお水を飲まないロクの多飲は
ロクサイズの1日の理想摂取量に納まっていて
ビックリするような量は 後半の一時だったような気がします

1日の排泄の時間や量 水分摂取量を
わかりやすい様に表につけていました
後半はシリンジでご飯を食べていたのでその量もつけていましたよ

こちら14歳の頃からつけていたと思っていましたが・・・
10歳の時の脾臓摘出術から始めていたようで
6年間つけていたみたいです
200717-07.jpg




今年に入り調子が悪い日が増えてきてからは
表の他に1日の様子も記録するようになりました
200717-08.jpg




体調の変化があまり見られないときは
受診時に「変わりありません」か
何かあっても「〇日に ○○でした」と報告が少ないのですが

だんだん だんだんと1週間の中の出来事でも
昨日と今日とで変化があったり
なんだったら さっきと今とで変化があったり と
伝えることが増えてきて 覚えていられない・・・

最終的には受診前にノートを見返して
重要な部分のみ抜粋してメモ用紙に書き写し
先生に渡していました
200717-02.jpg
2018年5月29日 札幌



私も必要な時に ご飯の様子や機嫌の様子
生活のサイクルの変化等々・・・の確認のために
これらの表やノートを見返すことも多かったので
メモ程度でもつけ続けると 後々役に立つな~と思いました
200717-03.jpg
2018年6月10日 札幌



だからと言って なんでもそうだと思うのですが・・・
人それぞれ モフッ子それぞれ「正解」は違っていて
私がしてきたことも 正解でも間違いでも
どちらでもあって どちらでもない様にも思います

ただその時に思いつく出来る限りのことを
しようと思ってしてきました

ロクにしてみると そんな記録いらないから
ただただ抱っこしててよ~ と
思っていたかもしれないですけどね
200717-04.jpg
2018年6月7日 札幌



自分のためにも書いている内容になってしまいますが
今後も何かしら残していくと思います

最後まで読んでいただき ありがとうございす
200717-05.jpg
2018年5月22日 札幌



09:57 | 腎臓・貧血のこと | comments (21) | trackbacks (0) | edit | page top↑

境目だった14歳

ボンヤリ顔で こんにちは
2年前の14歳の頃ですよ


ロクがお空に行ってから 昨日で2ヶ月が過ぎました
2ヶ月前と比べて 特に気持ちの変化もなく
ただただ「早いな」と思いました

今思えば 大きな境目だったように思う14歳
この頃からのことを 時々少しずつ
何かしらを書き残したていきたいなと思います

以前の記事と重複する部分もあるかと思いますが
興味のない方はスルーして下さいね

2018年5月18日 札幌



14歳のとき なんとなく食べが悪くなってきて
「年をとってくると頑固になり 選んでいるのかもしれない」
「根競べはしないで 食べれる物をあげた方がいいかも」
とのことで要観察 だったのですが

そのうちに嫌がり方が尋常ではなくなり
オヤツだろうが好物だろうが
食べ物を見ると隠れるように逃げて 表情が悪く・・・

再度の受診と検査で 
CRPの上昇 貧血 腎数値のやや異常 等々 が発覚しました

おじじの我儘 ではなく
「食べない」ことには ちゃんと理由がありました

それがわかるまで なんとか食べさせようと
出勤前に ほんの少しの量に1時間かけたりで
イライラした態度を見せたことも。。。

食べない時期もお散歩は好きだったようです
200703-02.jpg
2018年5月29日 札幌



足腰も一段と悪くなってきていて
この後 畳の上にカーペットを敷いたりとかも

「いつかくるお別れ」を意識しだしたり
ロクが若くて元気な頃から決めていた
「晩年は一緒に過ごす」のため 仕事の辞め時を考え始めたり・・・

東京から戻ってから 約3年間サボっていたブログも
「ロクがいるから始めたブログ ロクはまだ生きているのに!」と
再開したのも この頃です
200703-03.jpg
2018年6月7日 札幌



食べないフードも一切やめて
一口試してみて食べた物 等でご飯を作り
(画像は ササミ・鳥レバー・ゆで卵・キャベツ・ブロッコリー・人参 かな?)

ステロイド 抗生剤 胃腸薬 の服用や
通院で造血剤や皮下注射 等々で
200703-07.jpg
2018年6月8日 札幌



目が開ききらない ボンヤリだった顔も
2ヶ月後には だんだんと表情が戻ってきて
200703-05.jpg
2018年7月6日 札幌



腎用のカリカリ療法食を
自分で完食できるようになりました
200703-06.jpg
2018年8月10日 札幌



約5ヶ月後には このお顔!

ダラダラダラ~と 連続して以前の写真を見ていると
「なんだ こりゃ?」と手が止まるのがいつも
この時期のロクで

当時は気にしていませんでしたが
今見ると 一気に退色もしているようだし
顔・・・表情?に覇気がない 眼に力がない

気が付いてあげてなかったんだな と。。。

この時の出来事は いろんな意味で
後々の考え方を変えてもらいました

ロクさんの頑張りのおかげだね
200703-08.jpg
2018年9月2日 札幌



10:47 | 病気のこと | comments (15) | trackbacks (0) | edit | page top↑

脾臓摘出術 その後の話し

エリカラ散歩で こんにちは
エリカラなんてヘッチャラですよ



前記事に続きまして
6年前の10歳になる年に受けた 脾臓摘出術
その後のお話しです

200607-01.jpg
2014年6月7日 札幌




手術から数えると 約1ヶ月後
抗がん剤投与から数えると 約2週間後
両耳に脱毛が見られ始めました

ドキソルビシン投与→
ドキソルビシン投与後の血液検査→

0ではないが 抗がん剤投与の脱毛は
犬っこはほとんどない と言われていましたが・・・?

200607-02.jpg
2014年7月8日 札幌




耳から始まった脱毛は顔の方へ進み

耳の脱毛から1ヶ月後にはこんなお顔に

200607-03.jpg
2014年8月3日 札幌




さらに脱毛はお腹の方にも見られ始め
200607-04.jpg
2014年8月9日 札幌




トリマーさんに相談し 整えてもらいました
200607-05.jpg
2014年8月9日 札幌




そしてその1ヶ月後には 体の方まで真っ黒に

確か この1ヶ月の間に生まれて初めてフロントライン的な薬を投与し
軽くアレルギー反応を起こして 急いで病院に戻り洗い流した記憶が・・・

結局 脱毛の原因はわからなかったのですが
この時期は手術から始まり キツイ薬だったり
色々と初めてのことばかりだったので
心身ともにストレスをかけてしまったのかも と・・・

200607-06.jpg
2014年9月3日 札幌




ならば・・・
幸い この時はご飯も食べてくれていたし
脱毛以外に体調の大きな変化もなかったので

「一回全部止めてみよう」と
一時 薬も通院もやめて過ごしてもらったりもしました

そのせいかどうかはわかりませんが
徐々に脱毛も落ち着きだし
脱毛が始まってから半年程でここまで戻りました
毛色もどんどんシルバーに戻っていきましたよ

その後 この時のことに関わる不調は見られることもなく
思い出すことはほとんどありませんでした



しかし 今改めて見ると・・・
ロクさん これはこれでアリだね

200607-07.jpg
2015年1月10日 札幌



13:00 | 病気のこと | comments (18) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ロクの底力

日向ぼっこしながら こんにちは
「こんな感じでいいかい?」って 強制日向ぼっこですよ!



いつもブログへの訪問 応援のコメント
ありがとうございます
こちらからゆっくり訪問やお返事ができなく
申し訳ありません

今のロクは自分で立つことができなくなり
液状の療法食も飲み込むことが難しいようです
運よく飲み込めても えずくので
出てきちゃっているように思います
200427-01.jpg




土曜日あたりから

入眠→「ゥア~~」と大声で言いながら覚醒→シッコ(しない時も)
→徘徊(介助でもほぼ不可)→急に入眠(落ちる) を
1時間前後~2時間弱の間隔で繰り返しています

その時に何かしらを口に入れてみるのですが
どれだけロクの体に入っていってるのか。。。

粘膜の状態も良くないのか
口腔内からも出血が見られています
そのせいかはわかりませんが
シリンジを入れるとを「ゥア~~」と拒否

嫌がることはもうしたくないのですが
少しでも水分や栄養を取ってほしいという思いもあり
どうしたもんか悩みます。。。

抱っこでリラックスでも・・・と抱き上げても
「ゥア~~」と言われます トホホ

おそらく身体は 横になって休んでいたいだろうが
頭の方がフと刺激を与えてきて
起こされて動かされている のではないかと

ロクも戸惑って大声で「ゥア~~!!」と言いながら
戦っているんだろうと思います
口からの栄養もほぼ取れていない状態の中で
今を生きているのはロクの底力です
200427-02.jpg




週末2度 病院の方へも行きましたが
頭の中の問題(認知)となってくると なかなか難しく
年齢的にも『老衰』と捉えることも多いそうで
今のロクにできる治療はもうないようです

「たくさん触れて 声をかけてあげて下さい」と言われました




眠っている姿ばかりもアレなので・・・
こちらは10日程前のロクです

ロクさん 後数日で桜も咲くからね!

強制日向ぼっこの他 強制外の匂い嗅ぎもさせられてますよ



11:36 | 病気のこと | edit | page top↑